南林間アルファ歯科・矯正歯科

大和市南林間駅の歯医者。アルファ歯科・矯正歯科

南林間アルファ歯科・矯正歯科

地図・アクセス駐車場について

お気軽にお問い合わせご相談ください

ご予約はこちら

親知らず

  • HOME
  • » 親知らず

親知らず

親知らずの抜歯

親知らずとは?

3つ目の大臼歯のことで、18~24歳ごろ出てきます。
生まれつきない人も珍しくなく、最近では4本ともきちんと出ている人の方が少数です。高校生くらいの時期に、親知らずがあるかないか、またあった場合その状態などをレントゲンで一度確認しておくとよいと思います。
お仕事が忙しい時期や妊娠中に親知らずの痛みが出ると、たいへんです。

このような場合、親知らずの抜歯をお勧めします。

  • 大きな虫歯になっている
  • 歯列からずれて出てきた
  • 反対側の歯と、変な当たり方をしている(顎関節症の要因になります)
  • 横向きのまま、顎の骨に埋まっている
  • 矯正治療をした後で、親知らずによって後戻りの可能性がある
  • 咬み合う反対側の顎の親知らずがない場合、その親知らずを放っておくと伸び上がってしまい、咬み合わせを乱す

親知らずは、形態や生え方のバリエーションが多彩であり、また、生える位置も歯列の最後方であるため、抜歯器具が到達しにくく、かつ、神経管の近くに位置するため、抜歯が難しい歯です。
当医院では、難しい親知らずの抜歯も行っています。 遠方の大学病院に通院して、抜歯する手間が省けますので、お気軽にご相談ください。

当院では口腔外科専門医の処置が受けられます

まっすぐにはえている上の親知らずは比較的抜きやすいことが多いのですが、下の親知らずは骨の中に埋まっていたり、横向きになってしまっている場合がかなりあります。 痛みや腫れがある場合はまずお薬を飲んでいただき、症状が落ち着いてから治療します。
親知らず

親知らず よくある質問

Q 親知らずを抜くと、すごく腫れると聞いたのですが・・・
A

上の親知らずの場合はそれほど腫れないことが多いです。
下の親知らずで骨の中に埋まっているような場合は、腫れる場合もあります。
抜歯する前にドクターから詳しくご説明いたしますが、大事な用事がある直前や体調が良くないときは、親知らずの抜歯は延期された方がいいでしょう。


PAGETOP

Copyright(C) 南林間アルファ歯科・矯正歯科. All Rights Reserved.